自分史・体験記など

生い立ちから現在までを時系列に記した自分史や、ご家族のこれまでを記した家族史。

人生最大の体験に照準を当てて記した体験記。

ご自身でなければ書けない人生の足跡や伝えたい想いを形に残すものです。

これまで歩んできた人生を振り返り、生きてきた記録まとめましょう。


 

書名:自分らしい「がん」とのつきあい方

著者:富永 博

寸法:四六判 / 製本:並製本 / ジャンル:体験記

頁数:144頁 / 2016年10月発行

 

 

がんを治療中の筆者が、患者と社労士の2つの視点でつづる。がんの基礎知識から経済的負担を軽くする支援制度の解説。相談機関の紹介や、治療と仕事の両立方法をQ&A方式で収録。

自身の人生観や心境の変化まで、「がん」とのつきあい方がつまった一冊。

 

 

 

 

名:感謝と継承のトコリ史 -私の人生航路-

著者:田中 利一郎

寸法:A5判 / 製本:並製本 / ジャンル:自分史

頁数:94頁 / 2013年5月発行

 

 

地元・有田市で地盤を築き、現在は全国を舞台に多角経営を展開する名物社長が会社の過去・現在・未来を綴る。これまで成功を重ねてきた著者の経営法や、先祖から受け継がれた哲学。また家族・故郷への思いなど、読み応えのある1冊。

 

 

 

 

書名:たまゆら萌ゆ

著者:宝田 克志

寸法:A5判 / 製本:並製本 / ジャンル:家族史

頁数:228頁 / 2010年2月発行

 

 

妻の元子が、私達家族に限りなく美しくあふれるほど優しい思い出を遺しこの世を去ってから、すでに6年と11カ月になる。妻と共に生きた証としての歳月を記すことで、充分に言い尽くせなかった感謝の思いを感傷に陥らないように残しておきたい。(前書きより)

 

 

 

 

書名:五重勧誡録

著者:橋本 随暢

寸法:A5判 / 製本:上製本 / ジャンル:自分史

頁数:348頁 / 2006年4月発行

 

 

著者が、西山浄土宗の五重相伝勧誡師として昭和43年から平成17年までのあいだに142箇寺で講述した言葉をまとめた講話集。十数年来独り心に描き続けて実現できなかった「わが生涯の足跡」を形として残すために出版された。

 

#ページの先頭へ